« DLA5-2製作 補足2 | トップページ | 遅ればせながら »

2008年12月28日 (日)

DLA5-2 製作補足3

Dla52121 DLA5-2を標準的な方法で組んだ機体です。
サーボはTS1002×3、HB202デジタル×1。電池は250mAhの1セル。
リンケージは全ロッド。
重量は197gです。

Dla52122 カーボン製のバラストルームを設けています。

ポッドは研磨し、樹脂を塗って仕上げました。

Dla52123 メカの配置はこのような感じです。

最前方(右)がデジタルサーボ。

Dla52124 ペグ(写真は上下逆)は内側にバルサを貼っています。

翼端からペグをつらぬくカーボンロッドが刺さっているのは制作時に示しました。

Dla52125 前方からペグを見るとこのような感じです。

位置はこのあたりが好みです。
ここらへんはお好みで。

Dla52129 今回の主翼の仕上がりはなかなかのものです。

|

« DLA5-2製作 補足2 | トップページ | 遅ればせながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DLA5-2製作 補足2 | トップページ | 遅ればせながら »