« DLA5-2製作 その8(写真無し) | トップページ | A5-2初飛行 »

2008年12月10日 (水)

DLA5-2製作 その9(写真無し)

リンケージが終了し、機体は完成しました。

人に勧められないような実験的な要素をいくつか盛り込みましたので、写真はテストが終了するまで公開いたしません(カップの前に壊れて使用不能となった場合は公開しますが)。
見せたら設計者に怒られるんではないかとちょっとビクビクしてます。

一般的な製作に有益な箇所につきましては、後ほど補足しようと思います。

飛行重量は重心を設計値の75㎜とした状態で 183g となりました。
ただし重心位置をいじれば変動します。

この重量は先述したエアフレーム重量から推測できた方もおられると思います。製作開始前は180gを切ることができると見込んでいたのですが、これは達成できませんでした。

このキットは特に軽いものを作ってもらったわけでも選んだわけでもありませんので、このような重量は製作次第で達成可能です。
ただし特に軽く作る効果があるかはまだわかりません。
A5-2の想定飛行重量は210g程度ということですので、前に出なくなることは容易に予想されます。

前作A4ライトよりも14g、TS1002サーボにして3個分近く軽くなりました。
どういう飛びをしてくれるか楽しみ…の前に、無事にテストが終了して競技にデビューできることを祈るばかりです。

|

« DLA5-2製作 その8(写真無し) | トップページ | A5-2初飛行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DLA5-2製作 その8(写真無し) | トップページ | A5-2初飛行 »