« A5-2製作 その3 | トップページ | A5-2製作 その5 »

2008年12月 3日 (水)

A5-2製作 その4

A52401 パイプに収まる後部ネジ受けです。

1㎜航空ベニヤを4枚重ねています。
パイプに沿うよう、がんばって磨きます。

A52402 裏はこんな感じ。
斜めにカットしてあるのは重量削減と荷重分散のためです。
私の場合は糸の抵抗を減らすというのもありますが。
サイズはマス目を参考にしてください。
ネジ穴を空けるのは主翼の穴を空けた後です。主翼が基準になります。

A52404 まだ少し隙間がありますね。パイプを変形させないように、納得いくまで削ってください。特にてっぺん(画像では下)がパイプに接するようにしてください。さもないと締め付けたときにパイプが割れます。

距離を正確に計って押し込み、接着します。前作は瞬間を使いましたが、おそらく弾性接着剤でもいいでしょう。

これが終わったらパイプを接着してください。パイプの上側に印を付けておくのを忘れずに。
A5ポッドはそのままパイプを取り付けると取付角が付きすぎます。
ポッド後端下を斜めに削って調整してください。

設計者はかなり小さい取付角を好むようですが、私はいつも1度ちょっと付けています。

今日はペグも作りました。
以下後日。

|

« A5-2製作 その3 | トップページ | A5-2製作 その5 »

コメント

順調に進んでますね。
KMAエントリーされるんでしょうか?
だとしたら、あと1週間でロールアウトしないと間に合わんですよね。
がんばってくださいね。

ところで、ポット原型製作時には取り付け角なんてまったく考慮してません。
デザインだけです。ハイ・・・スミマセン

投稿: ヨシダ | 2008年12月 3日 (水) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« A5-2製作 その3 | トップページ | A5-2製作 その5 »