« DLA5-2製作 その9(写真無し) | トップページ | 今年の締めくくり(写真無し) »

2008年12月11日 (木)

A5-2初飛行

A52901 飛ばしてきました。

新しい試みの一つはこれではまずいということになりました。
問題が出た点は従来の方法に改めて、闇に葬ります。

飛びですが、軽いなあっていうのと良く上がるなあっていうこと以外はまだはっきりした印象ではないのですが、以下暫定インプレです。

今日見た限りでも明らかにA4ライトより速い。
しかし前のA5ほど高速でぬるぬる飛び回る感じではない。これは軽量のせいか。

デジタルサーボを廃止したのはやはりかなり痛い。
応答速度を始めとするフィーリングはガタ落ちです。重量ペナルティを払っても早晩デジタルに戻すことになるでしょう。

ランチは6割まで。高度は目測40程度。上昇姿勢での伸びが印象的です。
指への負担は軽く、体感ではミニSALレベルです。フィンガーガードは不要と感じます。

設計の重心75㎜はほぼ後方限界と感じます。

修正が終わってテストできるのが土曜日朝。ここで9割ランチにチャレンジです。
壊れてくれるなよ~

A52902

|

« DLA5-2製作 その9(写真無し) | トップページ | 今年の締めくくり(写真無し) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DLA5-2製作 その9(写真無し) | トップページ | 今年の締めくくり(写真無し) »