« 鍋スープ | トップページ | A5-2製作 その1 »

2008年11月25日 (火)

迷った

DLA5を発注して久しいのですが、私のキットが出来たと聞いて夜のクラフトるうむに引き取りに行きました。

DLA5は最近マイナーチェンジしたのですが、先にこの新バージョンにするか旧バージョンのまま作るかを尋ねられ、ずいぶん悩みました。
というのも、旧バージョンなら前作のA4ライト(197g)より10g以上軽く完成可能と見込んでいたためです。これなら全条件でA4ライトに勝てるA5が作れると踏んでいました。
新バージョンは極端なジオメトリが若干緩和されたためキット段階で数g重くなります。A5を選ぶうまみがなくなるのではないかと危惧したのです。

しかし、新型をチョイスしました。
なぜなら、まず新型の方が強度が高いのです。
旧A5は10m/sの強風の中、フルバラストかつフルパワーという極端な条件で挫屈が生じたというのです(当人はこの主力機喪失のために敗北したと匂わせていますが私にはわかりません)。
こんな条件でフルパワーというのは普通はまず考えられませんが、競技では何があるかわかりません。全条件で手加減無用というのが私の機体製作の条件です。
もう一つ、どうも翼型がまた変わったらしいのです。
これらを勘案して新型を選択し、重量増に対しては別の軽量化策を講じることとしました。

取りに行った当日見せてもらったビデオを見る限り、新型の飛びはすばらしい物です。
これを見る限り、新型を選んで良かったと思っています。
さてどのようなものが出来上がるか。

とりあえずキットのバリを軽くトリミングし、全体を風呂場でぬるま湯+中性洗剤で洗いました。
ヨシダさんデザインの新型形状の胴体ポッドのサイドにはケブラーが追加され、粘りを増しています。
DLA3以来の特徴である胴体脇の剛性確保のためのエラはフィレットへと滑らかにつながる形状に進化しました。主翼と胴体の間の抵抗が減ったことと予想されます。
ポッド先端付近は細くなり、サーボを選びそうです。また、ホーンを両側に出すことは難しそうで糸両引きには厳しそうです。

次回から写真を交えて製作の様子をお伝え…できるといいなあ。

|

« 鍋スープ | トップページ | A5-2製作 その1 »

コメント

製作の様子を是非ともお願いいたします。

投稿: たけ | 2008年11月25日 (火) 20時37分

A5ー2,いよいよですか。
A5の弱点がカバーされてるとしたら,やっぱ最強でしょうね〜!
ぜひ製作記録,それからフライト記録,アップしてください!

投稿: toki | 2008年11月25日 (火) 22時50分

あらら、ついに禁断の果実に手を出してしまいましたね。
先日A5Ⅱの味見をしましたが「するんじゃなかった」と後悔しております。
もうA4で勝てる気がしません。

投稿: ヨシダ | 2008年11月26日 (水) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鍋スープ | トップページ | A5-2製作 その1 »