« A5-2製作 その1 | トップページ | A5-2製作 その3 »

2008年11月29日 (土)

A5-2製作その2

主翼接合はまず端面すりあわせを行います。
これが不得意な人が多いようですね。

私はテトラのサンディングボードの白い面で水研ぎするとやりやすいと思っています。
この端面すりあわせですが、前縁と後縁が削れすぎてうまく合わないことがありませんか?
実はサンディングボードは沿ってしまったものをうまく使うことが平面を削り出すコツです。
真っ平らなサンディングボードでも前後縁が削れてしまうのです。
ボードの沿ってしまったものも捨てずに置いておいてください。
白い面が山になったものと黒い面が山になったものがそろっていればかなり便利です。

私はジグなどを使わず手だけで研ぎ出してしまいます。コツを聞かれても説明しにくいです。じっくり力を入れすぎずに時間をかけて研ぎ出してください。
私が見る限り、工作上手な人というのは段取りは早くても肝心な作業はとてもゆっくりやります。拙速は禁物です。

削りながら何度も両翼をそろえて翼根を下にして立て、後退角がずれないかチェックします。
また、たびたび下面をテープで止めて上反角をチェックします。指定の高さ+5㎜程度を目標に削ります。

満足が行ったらエポキシ接着剤で両翼を接着します。ここでコアを荒らす人もいますが私はやってません。しなくても私ぐらいのランチなら大丈夫です。接着剤は片面に薄くしっかり塗り込み、もう片面にも同様に塗ったあと少し多く付け足します。
後縁をそろえて左右パネルを合わせ、下面をマスキングテープで数カ所、両パネルをしっかり引きよせながら止めます。
アルコールではみ出た接着剤を拭い、前後に長いテープで下面を止めます。済んだら上面も同様です。前後縁はテープを巻き込んできっちり止めてください。

さて上反角のセットですが。

わたしは他の作業の邪魔にならぬよう壁で行います。

A52202 A52203 A52204

画像を見てもらえばおわかりでしょう。実に横着な方法ですね。上になっている面は壁にぴったり付け、下側をカーペットに刺して壁からの距離で上反角を設定します。A5-2は190㎜。数㎜違っても気にしません。ただし左右パネルのねじれは許されません。気合いを入れてチェックしてから据え付けてください。
ねじれ微調整は上面にマチ針を打つか、前後縁に上下にわたって×字にテープを貼ることで行えます。
上になっている翼端の端を画鋲で軽く押さえて作業終了。

A52209 はい、きれいにできました。
寒いので接着したところに蛍光灯を寄せて温めておきました。
次は上面にカーボンクロスを貼ります。
そのあと下から丸穴を空けてネジ部を補強します。
下面カーボンクロスはそれが済んでからです。

★この間胴体ポッドを何度かパテ埋めしています。
電気毛布は別に使うので、卓上蛍光灯で熱をかけています。
パテを塗ったポッドをビニールでくるみ、上に向けた蛍光灯の上に乗せます。
その上に主翼カバーに使う銀色のシート(発泡の裏打ちのあるもの)をかぶせます。

★この銀色シートは災害用アルミブランケットと同じアルミ蒸着シートで、熱を遮断・反射し大変温かいので便利です。さらに、アルミブランケットのようにガサガサいいません。
布団と毛布の間に挟むと寒い夜でも汗をかくほどです。
るうむカップ忘年会に参加される方は1枚持っていくと寝るとき寒くなくていいですよ。

私は東北生まれなので寒いのは好きですが、末端冷え性でもあります。
そこでこのシートでつま先用キャップを作り、机に向かうときは靴下の上からかぶせています。

シートを膝掛けやティーポットカバーの中に縫い込んで使うのも効果的です。
手袋をするとき、小さく切ったこのシートを手の甲の上に差し込んでおいても温かいですよ。

冬の釣り用に車にもこのシートを1枚常備しています。

|

« A5-2製作 その1 | トップページ | A5-2製作 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« A5-2製作 その1 | トップページ | A5-2製作 その3 »