« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月23日 (火)

静岡大会に参加できず

静岡の皆さん、欠席してしまいまして申し訳ございません。
大雨の岡山で腐っていました。

堀内さん優勝おめでとうございます~

上からBM、BM、A4L(&A5)、A4L、BM、A4、A4、Blaster2となったようです。
上位5機は新世代の軽量機で、ほぼ共通したコンセプトの下に作られた機体です(A4Lが先)。

予選が短縮されたとはいえ、最近ブービーづいてたあらぽんが7位というのはすばらしいです。復活ですね。
失礼ながら、今回決勝に残るのは難しいと思っていました。良く戦ったと思います。
今後は私との勝負ももっと楽しいものになると楽しみにしています。
(なお、ランチ性能でA4に大きく劣るA2改での53mは立派な数字です。)

しかし、旧A4は性能的には最先端の機体と比較してかなり劣っていたはずです。
実際、「最下位付近でなければいい」予選と違って「毎回トップを取ること」を求められる決勝では数字上いいところがないように見えます。
これは同じ機体を使うヨシダさんも同じ傾向です。はっきり言って差が付いています。

ライトを手にして感じたのですが、200g前後の新世代機を1機以上用意することは、すでに勝利の必要条件に等しいと言っていいでしょう。

少なくとも現状では、上位者間の操縦技術のわずかな差は新旧世代間の機体性能の差に埋もれると思われます。これをそろえてはじめて技量の勝負に持ち込めます。
操縦+サーマル技量で飛び抜ければ別ですが、それは機体性能で差をつける以上に難しいことです。いや、不可能と言っておきます。そんなことを許す甘い相手は上位にはいません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

カレー取ったど~

あらぽんのフィールドに出かけて対決です。
私が勝てばカレーライスをおごってもらうという条件です。
これまでの戦績を考慮して、わたしが3セットを取れば勝利ということになりました。
前回は不覚を取りましたがはたして今回は?

日没前の広場は風上の工場等の建物に由来する弱いウェーブが散在する程度で、サーマルはほとんどありません。
うまく空域を選べば3分弱浮きますがランチ以上に上がることはできない条件です。
機体はどちらもA4、性能もランチもほぼ同じ(あらぽんがやや高く、私の機体がやや浮く)です。

<結果>

3-0、3-0、3-0

カレーいただき~
しかし昨夜がカレーでしたので、カレー債権になりました。

その後ライトでも3-0。
ライトは彼が同じレベルの機体を配備するまで賭けには使いません。
機材に差がありすぎるというのが一致した見解です。


A4ライトですが、先日加減を誤って100%の力で投げてしまいました。
その後何度フルパワーで投げても壊れることはありませんでした。
重心もほぼ決まり、テストは思わぬ形で完了です。

A4l1001_2

事前に胴体に補強ブレースを入れていたため、最終的な重量は197.6gとなりました。
A4ライトの胴体は軽量化のために大変薄くなっていますが、独特の形状で強度を保っています。それでも外殻だけで全ての力に耐えるのは大変なのです。
私のランチは最後に胴体を折り曲げるような乱暴な力をかけますので、前回飛行時に前方ネジ取り付け部脇にクラックを生じていました。
そこで、胴体断面に×字ブレースを入れました。
前から見て/、\、/、\、という順番に5×5程度のバルサ棒をねじ込んで接着するのです。
これでネジ受け部周辺の胴体の変形はかなり防げます。剛性は格段に向上しました。

かくしてA4ライトは実戦投入を待つばかりとなりましたが、残念ながら今年の静岡の参加は難しい状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

さらにテスト続行中

080831a 首の件ではご心配をおかけしました。静養していましたので何とか飛ばせるまで回復しました。
しかしいきなり勝負をしたのは無謀だったというか、正直最下位男をなめていたというか何というかゴホンゴホン。

ウェーブではなくサーマル勝負をしたかった気もしますが、ホームで負けては言い訳なしです。あらぽんにはついにラーメンを持って行かれました。おめでとう。
<★A4ライトはこの勝負には使わないルールになっていました>

しかも送信機の電池が切れたなどと言う理由でたった1Rやっただけで勝ち逃げされました。
その後はA4ライトのテストなどをしました。日常レベルのフルパワーまでは合格です。競技レベルでの本気は、競技で「ここで壊してもいい」と思えるほどテンションが上がったときに取っておきます。ランチ高度はおそらく過去最高です。

いいカメラマンがいましたので(カメラは私のもので、彼の持つ高級機ではないのですが)、ライトの写真を撮ってもらいました。

080831b このランチの写真はやらせ写真です(笑)。カメラマンは土手の斜面で構えています。わたしは土手の斜面を駆け上がって投げました。
したがいましてフォームなどは普段と違っていることでしょう。

080831c080831d 080831e 

080831f 真下からのショットでは、主翼のヒンジラインが透けていないことがわかります。
ヒンジラインのVカットがないためです。尾翼は良く透けますが、見えなくなることはありません。シャープなシルエットですね。

 
080831x 最後に今日の勝者の写真です。
勝って食べるラーメンはおいしかったですか?
彼のA4の主翼は一生懸命磨いたせいかよく上がり、よく進みます。ランチも以前は10m近い差があったのが、私と同等になりました(今日は本調子ではありませんでしたが)。主翼のチューンとリンケージのやり直しが効いたのでしょう。
にもかかわらず競技では振るわなかったようですが…

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »