« エルロンギャップ | トップページ | 参考画像 »

2008年5月19日 (月)

DLC

2004年型のドラゴンレディ・コンパクトです。
世界初?の初期マイクロDLG2002年型の拡大改良版になります。
スパン780mm。61g。
違いはスパンのほか、主翼台座とバルサ化された尾翼(台座撤廃)です。
長らく引退状態にありましたが、メカの搭載方法を変えて現役に復帰しました。

Dlc0001 Dlc0004 Dlc0005_2

Dlc0006

Dlc0007

Dlc0008

Dlc0009Dlc0010_2 主翼台座は一体型よりこちらがいいです。一体型はパイプに強固に取り付けないとパイプの曲がりで外れることがあります。取付角修正も容易です(画像でも後側にグラスワッシャーが入っています)。

シュリンクチューブのカウルは前後でなく左右分割としました。後が開いていて、かぶせてテープで閉じます。

メカベッドは糸のリンクをスムーズにするため、サーボホーンを極力パイプに近づけるようにしています。サーボはテープで巻いてパイプに止めています。

垂直尾翼はパイプを割らず、尾翼側に切込みを入れてグラスで左右から固定しています。

主翼のネジ穴周囲は挫屈防止のために樹脂や硬木を埋めてください。
上反角は一段でもよいでしょう。

最近流行っている小型DLGほど本格的な飛びはできませんが、これはこれなりにより狭い場所で楽しめます。

現在はこの手の機体を作り始めた当時と違って、超小型メカが入手しやすくなりました。
製作は簡単です。作った方はぜひ見せてくださいね。

|

« エルロンギャップ | トップページ | 参考画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エルロンギャップ | トップページ | 参考画像 »