« 直張り機のエアロペグ | トップページ | エルロンギャップ »

2008年4月26日 (土)

見てきました!

午後から29回クラフトるうむカップを見学してきました。決勝を全部見ることができておもしろかったです。
気楽なオブザーバー視点はいいですね♪

参加された皆さん、終了後に遊んでいただいてありがとうございました。

ところで私の機体(2号機)を見ていただいた方が「糸のテンションってこんなもんなんだー」っておっしゃっていたのですが(Tさんでしたっけ?)。
すいません、ラダーだけ緩んでました。
あの程度のテンションでも尾翼剛性が十分ならPE5号でフラッターは出ないのですが、普段はもうちょっとだけ張っています。
途中、「なんかランチで左に行く」と思ったのはこのせいだったのかもしれません。
参考にならなくて申しわけありませんでした。
大急ぎでリンケージしたので、初期伸び(PEは一度だけわずかに伸びます)を点検していなかったのでしょう。

 ところで、撮れたてほやほやの写真をUPします。私の機体ではありません。お借りして撮影しました。

Osiris2 オシリス2です。かっこいい。ピカピカです。グラディエーター/2と同じメーカーの品です。
胴体はテールまで一体成型された品です。かなりの軽量。テールがパーティングラインから開かないのかちょっと心配な気がしますが。カーボン・ゲルコート仕上げですね。形状はFW3に似ている気もします。ちょっとおむすび入った形状です。
主翼はピカピカのバルサシャーレで、斜めクロスに(ダイアゴナルというんでしょうか)カーボン補強が入っていて、薄いゲルコートの下に透けて見えます。140g程度ということです。
丈夫で厚みのあるウィングレットがついています。これなら後縁を少しやすればあまり痛くないでしょう。

フライングテールのステイは珍しい1本足で、胴体に成型済みです。わたしが2004年に試したこれ↓と同じタイプです。
Kitail2 わたしは実用化を断念しましたが、オシリス2は丈夫なピンで剛性を確保しているようです。

性能はまだわかりませんが、見栄えがよく、ビジュアル的には大変商品力の高い機体だと思います。重量もエアフレームのみで200gちょっとということなので、270g程度に仕上がるのでしょうか。可能なら尾翼を軽くしてあげたいですね。
ライバルはブラスター/2あたりになるのでしょう。

|

« 直張り機のエアロペグ | トップページ | エルロンギャップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 直張り機のエアロペグ | トップページ | エルロンギャップ »