« エアロペグについて | トップページ | 飛行機以外の話題 »

2008年3月30日 (日)

修行しなおします

今年初めてクラフトるうむに出向きました。滑空場の掟に従い、ひさしぶりに勝負です。

…結果はヨシダさんのところに出ています。4人のうち下位2人が2点、1点加点されるルールで36投し、合計点を競いました。全員が20点以上加点されていることが条件の厳しさと戦いの激しさを物語っています。飛行条件はかつてない厳しいものでした。

 私はひさしぶりの飛行を言い訳にしたくありませんが散々で、サーマル条件ではこの3人とまるで勝負になりません。ずいぶん引き離されたなーというのが印象です。後半は風が強まって重さの有利が出て追い上げることが出来ました。
 修行しなおさないといけません。

ところで080330a これはDLA4.5に使う尾翼です。精密秤が壊れたため、クラフトるうむに持参して重量を測定しました。画像の状態(ヒンジ済み、ホーンなし、ネジ込み、グラススキッドつき)で2枚合計10.0gです(垂直5.4g、水平4.6g)。
いずれも揚力尾翼となっています。水平尾翼のネジ穴にはつぶれ防止のためにネジ径のカーボンパイプを埋め、上下をプリキュアシートではさんであります。カーボンパイプの在庫が尽きたので、今後はヒノキ丸棒に穴を開けたものになるでしょう。
 剛性はこれまで作ったバルサ製尾翼では最高レベルにあります。
 純正の直張り尾翼セットを大きく上回る軽さを見込んだのですが、純正より1.5gほど軽いに過ぎませんでした。純正尾翼の軽さに驚かされます。もちろん、剛性と表面の平滑度では純正尾翼がすぐれています。
 スパー材に重くて硬い素材を使っていますので、軽さだけを追及するならあと1g以上削れます。軽さ命ならバルサに一日の長があるかなという気がしていますがどうでしょう。直張り名人に聞いてみたいところです。

|

« エアロペグについて | トップページ | 飛行機以外の話題 »