« EPスポルタビア | トップページ | どうすれば上手くなれるか »

2008年1月 7日 (月)

正月の釣り×2

080101z<元日>

毎年、古い友人と釣りをしながら初日の出を拝むことにしています。
今年は、瀬戸内海の島にフェリーで渡りました。写真は釣り場で写したご来光です。気温はこの時期には珍しい零下です。エサをつける手が凍えます。

島の岸壁に車をつけ、日の出前から投げ釣りをします。一人あたり3本、計6本の竿を出します。目の前(写真左)には向かいの小島があります。
釣り場は島と島の間200mほどの小さな海峡です。変化に富んだ海底で、多様な魚が狙えます。

エサは青虫と本虫を使用しました。130m前後(テンビン25号、道糸PE1号、力糸ナイロンテーパー4~12号)のほか、70m前後(テンビン15号)、30m前後(テンビン6号)にエサを投入します。釣果は以下の写真のとおりです。

080101a 24cmのマコガレイが一番近い竿の第2投にヒットしました。わりと良い型のキスは最も遠い竿にきました。タイはスーパーで売っているレンコダイのサイズに近い、塩焼きに適した朝食サイズです。このサイズなら釣れればうれしいです。

<1月5日>

東京から帰省中の弟と、元日とは違う島に渡って釣りをしました。弟が東京に戻る前に実家ならではの遊びがしたいというので、午後から急遽瀬戸内の島に繰り出したのです。

岩場を渡り歩きながらソフトルアーで穴釣りです。午後3時に島に到着、それから2時間の釣果です。

080105a 一番上のクジメは25cmです。その下と一番下はタケノコメバル、3番目はムラソイです。小さなのはエサに来たマハゼです。

煮付けて夕食のおかずにしました。新鮮な海の幸は最高の贅沢です。
瀬戸内海と、魚およびエサたちの命に感謝しつつおいしくいただきました。

補足:クジメは近縁種のアイナメに比べて食味が劣ると言われていますが、まずい魚ではありません。アイナメの方がやや肉質が繊細で甘みが強いかな、という程度です。クジメの方が浅場で釣れる気がします。

|

« EPスポルタビア | トップページ | どうすれば上手くなれるか »