« KMAハンドランチ大会 | トップページ | 滑空場の掟 »

2007年11月23日 (金)

本屋にて他

なぜか銀英伝やニコニコ動画の話題などです。

銀河英雄伝説の漫画版が徳間書店のコミックリュウにおいて再開されていましたが、このたびその第1巻が発売されました。
前シリーズ同様に道原かつみ氏の作画で、わたしはこの漫画版が原作を忠実に再現していると思っています。
前シリーズは11巻を費やしてキルヒアイスの死までを描いたのですが、今回はどこまで行くのでしょう?

ところでこの漫画版ではフェザーンのランデスヘル・ルビンスキーを女領主(ランデスダーメ)ルビンスカヤとするアレンジが加えられています。
このアレンジは終盤に少なからぬ影響を生みそうな気がするのですが、漫画版がそこまでたどりつくには10年以上かかるでしょうか。

銀英伝の話題で盛り上がると、決まってどの登場人物が好きかという話になります。しかしわたしはとりわけ好きな登場人物というのはいません。嫌いな人もいません。トリューニヒトも決して嫌いではありません。

お次は音楽の話題です。
ニコニコ動画なのでIDが必要ですが。

"celluloid" baker feat. Miku Hatsune
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1204327

これはヴォーカロイドと言われるDTM歌唱ソフトウェア、「初音ミク」を用いた楽曲です。
これは人が歌っているのではありません。この秋発売されたコンピュータに歌を歌わせるソフトを用いてパソコンに歌わせているのです。
この動画をアップロードした人が作詞作曲演奏し、ソフトに歌わせているのです。
この楽曲は同ソフトを用いたオリジナル曲の中では出色のクオリティとされ、高い人気を博しています(同作者の新曲もありますので、上記楽曲が気に入った方は聞いてみてください。)。
作詞作曲のできる人が歌手を探さなくても、いつでも好きな時間に好きなように自分の曲を歌わせることができるようになったわけです。
このソフトは新たな才能を発掘する優れたツールとなるでしょう。いや、すでになっています。初音ミクに歌わせたおびただしい数の楽曲が毎日アップロードされ続けているのです。
同ソフトは12月以降、声質の違うバージョンも発売されます。

わたしはかつてMr.PCという言葉をしゃべらせることのできるパソコンを持っていました。しかし当然ながら人のように歌を歌うことなどできるものではありません。MML=ミュージック・マクロランゲージと格闘して音を鳴らすことがせいいっぱいでした。その後ミュージくんやミュージ郎といったDTMソフトにあこがれましたが、ついに音楽を作り奏でる側とは縁なく今に至りました。
パソコンに自由に歌わせることができるようになろうとは。初音ミクを手にすることができる今の子供たちがうらやましいです。

|

« KMAハンドランチ大会 | トップページ | 滑空場の掟 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203799/17160684

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋にて他:

« KMAハンドランチ大会 | トップページ | 滑空場の掟 »