« ショックコード | トップページ | KMAハンドランチ大会 »

2007年10月29日 (月)

同時投げタスクほか

◆F3Kタスクに続いて同時投げタスクについてですが。

初期高度に差がついた多数同時飛行の滞空競争です。
このタスクの4分という時間はサーマルの助けなしには達成不可能です。
自然条件が大きく絡みますから、条件によって戦術が変わってきそうに感じられます。
しかし逆に、常に他機がいるという点は変わりません。したがってこれを利用するという点では戦術はほとんど変わりません。
つまり変わるのは戦術ではなく、気象条件に対する飛ばし方だけです。これは競技外で普段やっていることと変わりありません。

他機の情報を利用しようとする場合、他機に注意を取られることによるパフォーマンスの低下という不利(飛行の軌跡トレースが寸断されます)と、他機から得られる情報による有利の相関関係が生じます。どこでバランスを取るかが腕の見せ所です。

助手が許されているのであれば頼むべきでしょう。助手を頼むことで、この相関関係を一人で飛ばすより高いレベルに引き上げることも可能です。ただし、今度は情報の取捨選択も必要になってきます。助手の腕の見せ所です。選手の飛行のクオリティを保ったまま、必要十分かつ厳選された情報を適時に送ることができるかどうかです。

具体的戦術をまとめようとも思ったのですが、どうにも書くことが多すぎます。それに、私自身も競技に出る機会が減ったせいもあって、戦術を言葉に整理しきれていません。一応経験に裏付けられているとはいえ、結局カンという名の総合判断に頼りがちです。
勝負を決する要素、すなわち落とすと勝てない要素も多すぎて挙げきれません。逆に、あれば絶対に有利なのはランチ高度と機体性能で間違いありません。
今の時点では、同時投げに強くなるには多く経験すること、としか言えません(申しわけありませんが今回は表題どおりの内容が無いですね)。

同時投げは今でも毎回手足が震えるほどの緊張を強いられます。最も胃が痛いタスクです。逆に、このタスクで1000点を取ることに勝る喜びはありません。

◆ところで今後の同時投げに対する提言です。

(主張)
関西と静岡で採用しているハンドキャッチボーナスを減らしてはどうでしょう、というものです。ハンドキャッチの有無で20点の差がつくのは今日ではやや大きいのではないかと思うのです。

(理由)
そもそもこのボーナスはHLG同時投げ競技の草創期に導入されたもので、その意義の一つは技量向上を促す点にありました。しかし、その意義はSAL機の登場とブレーキの普及などに伴う競技レベルの向上によって、すでに失われたのではないでしょうか。今日、ハンドキャッチを特に有利に扱う合理的な理由はほとんどなくなったと考えます。もはやハンドキャッチか着陸かを問わずに、純粋に滞空時間(MAXではその正確さも)だけ争えばいいような気がしています。

現状を見ると、ボーナスの20点は事実上ハンドキャッチのミスに対するペナルティとしてだけ機能していて、滞空時間を争う競技に付加すべき建設的意義が希薄になった気がするのです。ハンドキャッチボーナスは歴史的使命を終えたと思っています。

たしかにハンドキャッチ(の失敗)は見ていておもしろいことはわかるのですが、仮に二人が同時に1分ほどで降りてきたとして、60秒でつかんだ人と、62秒粘って着陸した人はどちらが価値があると考えるべきでしょうか。ハンドキャッチに価値を認めるとしても個人的にはせいぜい2、3秒分と思っています。

ただ、もう一つの意義は少なからず問題になります。それは全員が手元に戻せば、すばやく次の一投をはじめられるというものです。しかし、これが実際に問題になるのは最後まで浮いてた競技者についてだけです。場外ルールはそのまま生かすべきだと思いますから、最後の一人が場内に降りた機体を回収しに行く程度の時間はあまり問題としなくてよいでしょう。

このボーナスを削減ないし廃止してしまった場合、MAX以外では地面に下ろす人が増えるかもしれません。しかしそれでは機体の消耗が増えるでしょうから、ハンドキャッチした際に残した高度分として、一定の数点のボーナスを残すべきかもしれません。

ところでボーナスを減らした場合、偶然の要素はどうなるでしょう。ボーナスが大きければ、上位の人のミスによって逆転が生まれるかもしれません。しかし、結局上位にいる人ほどハンドキャッチも上手で、ボーナスは得点差の拡大に寄与しているのが現状ではないでしょうか。
ハンドキャッチの失敗の確率は、上空の条件の多彩さに比べれば偶然の要素としては小さなものです。ボーナスを減らして滞空時間得点の割合を高めた方が、かえって偶然の要素は増えると思います。

一参加者として、またこのルールの制定に携わった者として上記のような考えを持つに至っています。

|

« ショックコード | トップページ | KMAハンドランチ大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショックコード | トップページ | KMAハンドランチ大会 »