« Etalon その2 | トップページ | ムカゴのおつまみなど »

2007年10月18日 (木)

DLA3と新メカクラスター

Dla3071017f

私が用いている最新のメカクラスターをご紹介します(メカベッドと呼ぶのはためらわれます)。

写真をごらんいただければ即座に理解可能かと思いますが、サーボはいずれも耳を切ってリード線を横に出します。耳は前後のサーボだけは片側を残しても良いでしょう。リード線の元の穴はテープでふさいでください。

サーボ同士を薄手の両面テープでつなぎます。前後端にヒノキ材を両面テープで固定します。このとき、ヒノキ材の端は胴体内部に沿うように成型しておいてください。

Dla3071017e_2 これをタイラップで締め付けます。わたしはタイラップ2本を用いて輪にしたものを2組使いました。サーボは若干の段差を設けたり、左右にわずかにスイングさせてもかまいません。タイラップはペンチでひっぱってきつく(しかしサーボケースが変形しない程度に)締めてください。

これを胴体に載せ、胴体下からネジで止めてできあがりです(ヒノキ材にはドリルで穴を開けてください)。過去もっとも簡単で確実なメカクラスターとなりました。これまでのメカベッド製作の苦労は一体何だったのでしょうか。

これは今回DLA3に搭載したデジタルサーボです。
実際に搭載するに当たっては後方の2個を左右にわずかにスイングし、エルロンサーボホーンが胴体に干渉しないようにしました。

Dla3071017b_2 これが上記の搭載例です。
わかりにくいですが前方2個の尾翼サーボの傍らにリポ電池が載っています。ニッケル水素130mAhより軽くて500mAhの容量を持つ3.7V1セルのリポ電池です。静岡では同じ電池で、C0714アナログサーボを用いました。今回のデジタル化でトルクとニュートラル性能が目に見えて向上し、さらに扱いやすくなりました。

Dla3071017d DLA3の尾翼まわりです。今となっては少数派とも言えるバルサの尾翼です。いずれも揚力尾翼になっていて、垂直尾翼は0.5度、水平尾翼は0.7度のマイナスの迎角をつけてあります。水平尾翼は前後2箇所に分かれた台座にネジで固定され、下についています。この位置はDLA4とは逆ですが、たいした意味はありません。どちらかというとDLA3の方が主翼の洗流の影響を感じません。水平尾翼の取り外しはサーボホーンをはずして糸を緩めてから行います。

こだわる方はテールパイプの繊維の模様に注目してみてください。

|

« Etalon その2 | トップページ | ムカゴのおつまみなど »