« ひさびさに。 | トップページ | 静岡HLG大会 »

2007年8月 2日 (木)

LOTポーランド航空

ポーランドは航空スポーツ先進国と言えます。民間航空スポーツが盛んなのですが、分けても古くから有名なのがグライダーです。
ポーランド製のグライダーはスケール機が好きな人にはなじみがあるでしょう。古くはボーシャン(Bocian)やムハ(Mucha)、フォーカ(Foka)やゼフィール(Zefir)、新しいところではヤンター(Jantar)やSZD-55などがRC化されています。
もちろん機体だけではなく、ポーランドは多くの優れたパイロットを輩出しています。

さて、ポーランドにはLOTというナショナルフラッグキャリアがあります。ここに多くのグライダーパイロットが在籍しているのです。つまり彼らは旅客機のパイロットでもあるのです。

もっとも有名なのは世界選手権で4回金メダルを獲得したヤヌーシュ・センツカ氏でしょう。直近の2006年世界選手権では、15mクラスでポーランド製のSZD-56-2 ディアナ2を駆って優勝しました。
彼はボーイング767の機長であり教官でもあり、飛行機で15,000時間、グライダーで6,000時間以上の飛行経歴を持っています。

センツカ氏と並んで有名なのはイェージー・マクラ氏です。グライダーアクロバットの第一人者で、FOXやスイフトを作った会社に参画しています。彼は23年間に及ぶ競技人生で、2位より下の順位を取ったことがないそうです。彼ももちろん旅客機のパイロットです。

以上の出典はLOTポーランド航空のウェブサイトです。会社はラインパイロットとして競技パイロットを多く擁していることを誇りにしているとあります。航空スポーツ先進国らしいですね。

わたしの大学時代の教官にもラインパイロットの方がいました。その方は飛ぶのが楽しいからラインパイロットになったそうです。
現在は外国に住んで毎日グライダーに乗っておられるはずです。

|

« ひさびさに。 | トップページ | 静岡HLG大会 »