« プラモデル用接着剤 | トップページ | 女王様 »

2007年5月28日 (月)

スカイラーク活躍中

Sky0705b West wingsのSlingsby Skylark Iは現在主力のショックコード機です。スパン1820mmとコンパクトなスケール機ですが、500gあまりという軽量のため平地でも十分な性能を持っています。

4サーボ+ラダージャイロ装備の機体で、きわめて丈夫な桁を有するため+10G程度までのアクロが可能です。エルロン・ラダーMIXをカットすればスローロールらしきものができますが、なかなか軸を通せません。

岡山は最近強風と連日の黄砂に見舞われています。この時期は天候が安定しないのですが、今年は特に連日朝晩を問わず風が強く感じます。スカイラークは500gあるとはいっても、その翼面荷重はハンドランチの2倍に過ぎません。くわえて無駄に抵抗の大きいスケール機ですから、風の中では前に出すのに苦労することになります。必然的に風下のすり鉢は深くなります。また、この機体はエルロンコード長が極端に短いため運動性が悪く、乱流で姿勢を乱せば回復が遅れて高度を失います。サーマルの反応はよいですが上がりは良くありません。
とはいえ、楽しめないかというと十分楽しめるだけの性能を持っています。ピッチ安定が良く、しかもスピン癖がないため、スケール機にありがちな苦労はほとんど感じません。

Sky0705a 本機はジャイロを装備しているため、エルロン・ラダーMIXをカットしても一応安全に飛ばせます。アクロを行う時やランディング時にフォワード・スリップを決めたい時はミキシングをカットしてラダーの舵角を確保します。しかし最近、満足いくフォワードスリップを行うにはエルロンのパワーが足りないことがわかりました。小さなエルロンはフルラダーに抗して機体を傾けることができないのです。製作は上反角を指定より減らしたのですが、それでも大きかったかもしれません。

|

« プラモデル用接着剤 | トップページ | 女王様 »