« ツバメほか野鳥の話題 | トップページ | ツェッペリン »

2007年3月15日 (木)

魚釣り

 といっても最近は行っていません。ひさしぶりに生きた魚の顔が見たいものです。

 私は主に海で陸っぱりの投げ釣り&ルアーを楽しんでいます。投げ釣りの対象はキス、カレイ、アイナメ、イシモチ、イイダコなど食べられるものは何でも。基本的に狩猟本能と腹を満たすためだけの釣りなので、原則リリースはしません。幼魚以外は自然に感謝しておいしくいただくことにしています。新鮮な魚は本当においしいですよ。私は子供のころ釣りを始めてから魚を食べるのが好きになりました。

 毎年初日の出は古い友人と釣り場で迎えるのが習慣になっています。今年はフェリーで車ごと島に渡り、夜明け前から釣り始めました。釣果は好サイズのマコガレイとキスなど6目10尾ほど。海からのご来光も見えてよい年明けになりました(喪中ですが)。

 冬から春先の釣り場は夜が明けて風が出始めると寒いので、カイロなどの暖が欠かせません。わたしは使い捨てではなくハクキンカイロまたはJIPPOオイルを利用するハンドウォーマーを愛用しています。北海道生まれの母親の勧めです。燃料を使うカイロは冷たい手でもんでも温度の回復が早く、持続時間も長いのが強みです。最近はこれらの商品の広告をよく見かけるようになりました。見直され始めているのでしょうか(カイロはRCグライダーをする際にも便利ですよ)。

 ルアーでもいろいろな魚を狙います。穴釣りではムラソイやカサゴ、アイナメなどのロックフィッシュが、サーフキャストで大アジやツバス(幼ブリ)、ダツなど青物が、サーフジギングではスズキが、ソフトルアーのジギングではメバルが釣れます。そのほかエギを使ったイカ釣りも行います。

 釣り場は主に日本海ですが、最近は地元の瀬戸内海でも釣りをするようになりました。釣果は同じ時間同じ釣り方で釣れば、日本海5:瀬戸内海1という印象です。魚影の問題なのか釣り方の問題なのかは不明です。

|

« ツバメほか野鳥の話題 | トップページ | ツェッペリン »