« ASK-18 | トップページ | 人形製作1 »

2007年2月16日 (金)

HL-1DLA3

Dla3

 現在主力の競技用DLGです。純粋な競技用で、遊びでの出番はまれです。

 逆に飛行機会が最も多いのは最古参のDLA(1)で、こちらの搭載電池は4代目です。この機体は2サーボのラダー機で、飛ばしていて使う神経が少なく、わたしにとっては純粋に空気とのコンタクトを楽しむ要素が多いのです。DLA3は操縦の易しい部類の機体ではありますがそれでも滑りに気を使い、速度とキャンバーに気を使い、ランチでの高さにも気を使う必要があります。これを楽しむほどの余裕はなかなか持てません。

<概要>

 DLA3はランチ高度の優位と進入性を意識した高速よりのセッティングを主眼に置いた機体です。バラストを搭載しなくてもある程度の風の中で戦える機体を目指しています。そもそも無風・サーマルなしという条件はまれですから、そのような場合の沈下勝負は高さで何とかすればよいという割り切った思想です(ただし本機は実際競技で無風条件に遭遇しました)。

 5機ほど作られたようですが、すでに製作元は新型に取り掛かったようです。私の個体はパイプと垂直尾翼の剛性に不満があり、パイプを交換するまで肝心のランチ高度が出ませんでした。改造後は目標のRadinaを超える高度が出ているようです。

 主翼、胴体ともほとんどアラミドで構成されていますが、私はこれが好きではありません。完成後の保守においてもきわめて扱いづらい繊維です。胴体は軽量な電池を搭載するため長く、側面に独特のバルジが形成されていて剛性にすぐれています。しかしメカの搭載方法は選べません。

 翼型はNonoさんによるもので、6%以下の厚みになっています。成型デフォルトでネガティブキャンバーとなっています。最も抵抗が少なくあるべき状態に合わせてあるわけです。主翼面積はDLA2より減少しています。これによりランチの振りぬき感が大幅に向上しました。私の機体は尾翼台座をネグることでランチの特性を改善しています。この方法は今後全ての機体に取り入れたいのですが、可搬性は大きく損なわれます。

 尾翼はバルサ製を採用しています。尾翼リンケージは実績のあるPE糸です。ただし、糸リンクを用いた場合にはパイプ内をバラストルームとして使うことができません(標準はパイプ内がバラストルーム)。バラストルーム(最大30g)は別に作られています。

<飛行>

 高いランチ高度と高速性能の点にアドバンテージがある反面、浮きでは前作DLA2に劣ります。旋回性はDLA2のようなラダー機的イージーさはありませんが、うまくラダーを使いこなせばDLA2よりもくるくるとよく回ります。好評の低空での粘りは実はこの旋回性によるところが大きいのです。この美点は沈下率を補いうるものです。しかし、多くの人に受け入れられるという点ではDLA2の容易さの方が勝っています。設計者の岡本さんとしても、最終的にはDLA2の旋回の容易さを好んだようです。わたしもそれに賛同します。操縦の容易さは貴重な脳の能力リソース活用に資するもので、特にそれは余裕のない競技において重要です。技量を要求されるとんがった能力は本番で発揮されるとは限りませんが、操縦の容易さは競技においても必ず常にその効能を発揮するからです。

<評価>

 いろいろな意味で試作機の範囲を抜け出ていません。しかし価値のあるチャレンジだったと言えるでしょう。

DATA

Span: 1496mm
Length: 1200mm
Weight: 297g
Airfoil: Nonoshita 6%
Servo: four C0714W
Battery: 160mAhNiMH(up to 45min.)

|

« ASK-18 | トップページ | 人形製作1 »