« 本日のBGM | トップページ | HL-1DLA3 »

2007年2月15日 (木)

ASK-18

昨年製作したASK-18について加筆再掲します。

◆インプレッション◆
レーデルモデルの絶版。よく雰囲気を出したかわいらしい機体です。
ミニショックコードで60mほど高度をとって遊んでみました。
悪性のスピン癖はなく、転んでも手を離せば即座に回復します。
失速特性も穏やかです。平地でもなんとか遊べる程度の滑空性能です。
フックはタイヤがあるため実機同様オフセットされていますが、曳航には何の対策も必要ありません。
スポイロンがよく効き、着陸は楽です。
サーマルへの反応はよく、入ったとすぐにわかります。緊張感なく遊べて飾れる小型スケール機です。

以下加筆

 この機体は平地の狭いエリアで遊べるスケール機を探していた頃、クラフトるうむの倉庫で発見して強奪してきたものです。軽量化に気を配ってかなり改造しましたが、先に掲載したスカイラークと比べると平地で遊ぶにはスペック的に厳しいことがよくわかると思います。それでも当時はなんとか飛ばせるもんだと思ったものでした。
 現在はクラフトるうむの展示スペースで保存されています。

Data
span: 1600mm
area: 14dm^2
all up weight: 535g
airfoil: Clark Y mod.

060326s 060326u 060326x

|

« 本日のBGM | トップページ | HL-1DLA3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日のBGM | トップページ | HL-1DLA3 »